伝統衣装を身に纏う若者に告ぐ【振袖選びにおいて大切なこと】

京都

伝統衣装を購入する

女性

日本の伝統衣装として、和服が上がります。和服には、着物や振り袖、袴などといったものがあります。着用する時は式典などのときが多いです。興味がある人は調べてみると良いでしょう。

もっと詳しく

伝統的な衣装

成人

人は人生の中で、様々な晴れ舞台に立ちます。学校を卒業する際には卒業式に出席し、大人になれば成人式にも参加をします。また、素敵な相手との結婚式を迎えたりなど、大切なイベントは数多く存在しているのです。そのようなときに、女性の多くは華やかな衣装に身を包んで参加をします。めったにないお祝い事ですし、美意識が高い人であれば、必ず華や笠を求めるからです。日本ではそんなイベントの際に振袖を着る人が多くいます。振袖は日本にも歌詞からある伝統的な衣装の一つでもありますし、華やかさを演出することができるので、多くの人から選ばれているのです。

振袖は数多くの種類から選ぶ事ができます。その中でもまず最初に選ぶべきポイントは、カラーです。赤や青といった原色を選ぶ事もできますし、薄い紫色や桃色など、可愛らしい色もあります。また、落ち着きのある白や黒を選べば、大人っぽさを出すことも出来ますので、参加するイベントや、着用する人の年齢に合わせて選べます。また、色以外にも、着物の質感を選ぶことが大切です。光沢のある質感であれば、華やかなイメージをもっと出すことが出来ますし、マットな質感であれば、落ち着きを演出することができます。これらも、参加するイベントに合わせて選ぶ事が重要になります。

日本に昔からある和装は、普段から着用する人もいれば、大切な日に合わせて着用する人もいます。着物屋さんに行けば、着付けをしてくれるお店もいっぱいあるのでとても便利です。また、最近はレンタルなどもできるので、気軽に利用できるようになりました。

着物を着るメリット

着物

着物を着ると、その人が魅力的に見えるようになります。着物は、身体のラインがわからないようになっているので、身体にコンプレックスを感じている人も気軽に着用出来ます。

もっと詳しく

自分好みのデザイン

お祭り

よさこい衣装はオリジナルデザインのものを選ぶことができます。チームとしてインパクトを与えるのでしたら、お気に入りのカラーに、ラメなどをあしらってみてもよいでしょう。また、グラデーションなども施せます。

もっと詳しく